魔界占術師†尚叡の日常視姦風呂愚

月間鑑定依頼100件以上のメンタルトレーナー、占い師。
「翌日、言われたとおりになった!」願望成就が加速する潜在意識調律☆
携帯公式メニュー『ソルシェ-運命を知る聖-』業界異例の2万ユーザー突破♪
<< 御花を頂戴しました〜 | TOP | 買っちゃった!イタ車 >>
親孝行、出来るのは「今」!

昨夜、突然の父からの電話着信。
ここ何年も連絡をとっていなかった父からの電話。
「便りの無いのは良い便り」とはよく言ったもので、母に何かあったのかと一瞬胸が高鳴る…。

恐る恐る電話に出ると、何の事は無い父の落ち着いた声。
ひとまずの安堵感を得たが、それも束の間だった。


「ちゃんと生活出来てるのか?」
???
なんでこんな切り口で電話が来たのか一瞬解らなかった。

聞けば数年前、事務所を構える際に銀行から借り入れした開業資金の話と、今色々と取り組んでいる新事業とがゴッチャになっていたらしく、どうやら親の間で僕は「怪しい話に手を出して失敗し、大借金を抱えた息子」になっていたようである(;´д`)

「困ってるならお金を送るから、口座番号を教えなさい。」と父。
母も心配で寝込み、電話の後ろでも泣いているようだった。
…勘違いとは言え、こんな親不孝な状況を生み出してしまった事に情けないやら悔しいやらで涙が出そうだった。

元々、役人家系の親なので起業に関しては余計に危惧感や偏見が強いようだが、事実はどうあれ、そう思わせてしまったのは僕の「在り方」に責任がある。
特に父は、他人の借金を被り首を吊った弟(僕の叔父)が居るだけに、母以上に心中穏やかではなかった筈だ。

僕はだらだら時間を掛け過ぎてしまった。
「いつか」じゃなく「早く」成功して、安心させるべきだった。
幸い誤解も解けたし、事業も今年に入って上向きで、もうサラリーマン時代の数倍を得られるようになってきている。
とっとと事務所の開業資金を返済して親孝行しよう!

そして本当に幸いだったのは、この電話が悪い報せではなかった事。
電話がきてドキっとする位だから、無意識的に親の健康も不安に感じている訳だ。

確かにもう若くはない。
このまま親孝行し損ねたら本当の親不孝者だ。

人生の中で降りかかる出来事の全ては何らかのメッセージ。
豊かな人生を得る為の事業展開だが、どうせ豊かになるなら早くなろう。
自分の夢の為だけじゃなく、関わってくれている仲間みんなを応援する為に、そして、こうして離れててもこんなに心配してくれている大切な人の為にも。

shareimage20150902_185316.jpg
お金こそ感謝の具現化 | 19:57 | author 尚叡(ショウエイ) | comments(0) | trackbacks(0) -
0
    コメント
    コメントする










    この記事のトラックバックURL
    http://prayerties.jugem.jp/trackback/1139026
    トラックバック